タイヤがパンクしたら・・・緊急時はまず杉浦タイヤにご連絡ください!


もしもパンクしたら

もしもタイヤがパンクしてしまったら。対処方法のご紹介

その1. 普段ご利用のタイヤ販売店に連絡

まず一つ目は、普段ご利用のタイヤ販売店に連絡して対処する方法です。
この場合は、タイヤ販売店におまかせでいいと思いますが、
その販売店に出張サービスがない場合は、応急処置として自分で対処しなくてはいけません。

その2. 自分で応急処置スペアタイヤもしくは応急修理剤

そこで二つ目として、自分で応急処置をすることになりますが、処置方法は車両によって異なります。
スペアタイヤがあれば交換します。(※交換方法は後ほど説明します。)
スペアタイヤがない場合、応急修理剤が搭載されている車と、何も無い車とあります。
応急修理剤が搭載されている車であれば、取扱説明書の通りに応急修理をしてください。
何もない車の場合、装着されているタイヤは「ランフラットタイヤ」と呼ばれる特殊なタイヤだと思われます。
ランフラットタイヤが付いていた場合、そのまま空気のない状態でも走ることができるので
最寄りのタイヤ販売店まで走ってください。
※ホイールが変形している場合は走れないのでロードサービスを呼んでください。

スペアタイヤの交換方法How to replace the spare tire

  • 1. 車を安全でできるだけ水平なところに駐車します。
  • 2. 道路上での作業の場合は安全確保のための反射板を設置します。
  • 3. 車が動かないようにパンクしていないタイヤに輪止めをします。※輪止めが車載されていない場合は、木材や石を拾ってきて代用します
  • 4. タイヤを固定しているナットを車載工具のレンチで緩めます。※ナットが1周するくらい
  • 5. 車載工具のジャッキでジャッキアップします。※ジャッキを当てる箇所は車両によって異なります。車の取扱説明書をご確認ください。
  • 6. ナットをすべて緩めて外し、スペアタイヤと交換します。
  • 7. ジャッキを少し下ろしてタイヤが地面についたくらいのところでもう一度増し締めします。
  • 8. ジャッキを下ろし、輪止めを外して工具・パンクしたタイヤを収納して終了です。

スペアタイヤのない車輌についてFor vehicles without a spare tire

応急修理剤が搭載された車の場合は、修理剤を充填して走ることになりますが、
パンクの原因が、大きなものが刺さっていたり、タイヤが切れている場合は、
修理剤が機能しないのでロードサービスを呼んでレッカー移動となります。
仮に修理剤が機能して走ることができても、その後はパンク修理ができないので新品交換となります。
「ランフラットタイヤ」装着車両の場合も同様です。

「ランフラットタイヤ」装着車両の場合でも中古車として購入した場合は、
前のオーナーが普通のタイヤに変えてしまっている場合があります。

「ランフラットタイヤ」の確認方法としてタイヤのサイドウォールの表示を見ます。
各メーカーの表示が異なるので代表的なものをお知らせします。

ブリヂストン

RFT

ダンロップ

DSST

トーヨータイヤ

TRF

ヨコハマタイヤ

ZPS

ミシュラン

ZP

グッドイヤー

EMT

上記のような表示があれば「ランフラットタイヤ」ですが、お近くのタイヤ販売店で確認することをおすすめします。

タイヤについてもっと知ろうよ!-more about the tires!-

※以下リンクをクリックしてください。

配信中のコンテンツ

レグノに交換したお客様が激変したタイヤ性能に感動した4つの事

出張エリアマップ

出張エリア

湖西市、浜松市

アクセス

〒431-0302 静岡県湖西市新居町新居3444-24

タイヤのことなら何でもお問い合わせください!!メールフォームもあります!!053-594-1728

タイヤは命を乗せる道具です!そのタイヤ、本当に大丈夫ですか!?

スリップサインが出ていると、雨の日に滑りやすくなったり、ブレーキの効きが悪くなったりと、事故に繋がる可能性が高まり危険です。杉浦タイヤでは不要な交換は薦めません。適正な交換時期を見極めるのも私の仕事です。